バラの季節

数少なくなって来たバラだけれど、今年もバラの季節は
ちゃんとやってきて、きれいに咲いてくれた。
今年は、花が咲いてもいつもの年とは、やっぱり違う。
放射線量のせいだ。

毎日新聞で一番先に見るのが今日の放射線量の欄。
市内でも、場所によって数値がかなり違う。
福島市の数値としては保健所で計った数値が発表される。
当地は、保健所からは数キロ西にあるので、市内よりは少し少なめ。
西に行くほど、線量は少なくなる。

しかし、ここ2ヶ月位の数値は、ほとんど変化がない。
家の中、外、芝生の上、雨水が集まるような所で線量が高いらしい。
まったく、放射線量を気にしながら暮らす事になるなんて・・・。


大ちゃんパパが、『ガイガーカウンター・放射線量測定機』を手に入れた。
早速、計ってもらう。
我が家の一階は、0,2マイクロシーベルト/時(以下省略)
二階は0,3  畑は0,5  しかし、芝生は0,8  雨どいの下は1を越した。
前の家は、家の中も芝生の上も0,2 だそうだ。


この放射線問題で、一番の被害者は、子供達。
遠足も、運動会も、校庭で遊ぶ事さえ出来ず、屋外でのプールも
出来なくなった。
校庭の表土を削ると、かなり線量が少なくなる。
学校や幼稚園では、高圧洗浄機で校舎などを洗って少しでも放射線量を少なくするそうだ。

この状態がいつまで続くんだろう。
自己防衛するしか方法がないのか。


原子力発電は、必要だとは思っていたけれど、こうなると
原発反対にならざるを得ないな。
少なくとも、福島県に原発は、もういらない。
d0143705_23414643.jpg

d0143705_23424175.jpg

[PR]
by hana920m | 2011-06-10 22:41 | 庭の花 | Comments(0)
<< 震災から3ヶ月 あじさいの額 >>