<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

カタクリの額

いろいろあって針仕事が出来ないで、ちょっとストレスだった。
なにしろ針仕事は、私の精神安定剤だから。 (*^m^*) ムフッ
久し振りに針仕事、いやいやこれは押し絵でボンドで貼り付けたから
工作かな。(笑)

押し絵のカタクリ、いつもの額に入れた。
布は、全部着物地。
d0143705_2259037.jpg

当地のカタクリは、桜の開花とほぼ一緒。
あと2週間くらいで咲くかな。

桜の季節までには、桜のタペを作りたいと思っていたけれど、桜を追いかけて
北海道に着くまでにはなんとか・・・(*^^*ゞ ポリポリ



カタクリの群生地の『小鳥の森』、放射線量が高いんだよね~。
せっかくの山野草も気軽に見に行けないなんて、なんだかなぁ。。 
ふきのとうを見つけても、ちっともうれしくないし。。。
[PR]
by hana920m | 2012-03-31 22:37 | 針仕事 | Comments(0)

プレゼント

リフォームで家を空けることが出来なくて、友人とのランチ約束がのびのびになっていた。
完成した翌日早速おしゃべりランチと決め込んだ。
今日のランチは、インド料理店のかぼちゃカレー。
焼きたてナンが美味しくて、なおかつ大きい。
d0143705_22145935.jpg

陶芸をしている友人から、又お茶碗貰っちゃった~。
陶芸を始めて何年になるのか、頂く度にグレードアップしているように思う。
前回作ってもらったお茶碗は、悲しいかな震災で割れてしまった。m(_ _)m
これは、大切に使わせてもらうね。
°・:,。★\(^-^ )♪ありがとう♪( ^-^)/★,。・:・°
d0143705_22292068.jpg


お店の一角にある雑貨コーナーでこんなものを買った。
全部で¥210也
手芸で使えるかなぁ・・・ と思って。。
d0143705_22191120.jpg

この後は、カフェで延々とおしゃべり・・・
外に出たら、シトシト雨が降っていた。
あれれ、今日に限って外に洗濯物を干してきちゃったのに。。。 "(ノ_・、)"
[PR]
by hana920m | 2012-03-28 22:00 | プレゼント | Comments(0)

リフォームって大変・・・

3月5日から始まったユニットバスとエコキュートのリフォームは、施工会社の方が
17日には、お風呂に入れます・・・と、お彼岸前には終わる筈だった。
しかし、全部終わったのは22日、長かった~!

毎日、大工さん、水道屋さん、電気屋さん、塗装屋さん」、内装屋さんと、職人さんが入れ替わり立ち代わり出入りして、落ち着かず、何も手に付かない。
ついでだからと、トイレの壁紙や床、洗濯室の床、キッチンの一部、洗面台の水栓を交換してもらったり、
挙句の果てには、お風呂を壊したついでだからとシロアリ工事もやって貰った。
工期が延びるのも当然か。。。

お風呂before
d0143705_2271147.jpg

お風呂after
d0143705_2282242.jpg

洗面所before
d0143705_2210351.jpg

洗面所after 床と壁の張替え 洗面台シャワー水栓に替えた。
d0143705_22132077.jpg

すっきりした~!
お風呂と洗面室だけは、新築した気分、うれしい~!

            ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

20日は、叔父の7回忌もあり、近くに住む親戚に集まってもらい
お寺で供養のお経を上げてもらいお墓参りをした後、我が家でささやかに会食もした。

22日の夕方、電気工事と内装屋さんの仕上げ工事があったけれど、
宮城県まで義母のお墓参りに出掛けた。

リフォーム工事が終わって片付けてやれやれと思ったら、
26日には前から頼んであった前の家の屋根工事をすると言う連絡が・・・
瓦屋根の震災被害、一年も掛かってやっときれいになった。
d0143705_2236268.jpg

そういえば、震災当時はあちこちに見られた屋根のブルーシートも
ずいぶん少なくなって来た。

やれやれです。
しかし、すっきりしたのは良いけれど、請求書が怖くなって来た。。
[PR]
by hana920m | 2012-03-27 21:27 | リフォーム | Comments(0)

あれから一年・・・

一年前のあの日の午後は、来客中だったので、テレビは付けていなかった。
『そろそろ帰る・・・』と言った時、ガタガタと揺れだした。
揺れがどんどん大きくなり、2回目の大きな揺れでリビングボードと食器棚の扉から
グラスや食器がいっせいに飛び出して粉々に割れて、ソファーの上にも落ちて来た。
窓の外を見ると、前の家の瓦が雨あられのように降って、
大谷石の石塀も数個落ちている。
大声で『怖い!怖い!』と騒いでいるだけで、何も出来なかった。
あの時は、もうこの世の終わりかとさえ思った。

揺れが治まって、お客様が帰った後、外に出たがるミックと一緒に外で、近所の人と立ち話をして、
実家の母の安否を確認して家の周りを訳も無くウロウロした様な気がする。
雪が舞って寒い日だった。
夕方、近所の人が来て近くの小学校に避難するように言われ、
バックとハーフケット一枚だけを持って体育館に行った。

一晩中余震が続き、体育館のライトがゆらゆらと揺れて、バスケットゴールはガタガタなって・・・一睡も出来なかった。
ミックとziziは、校庭に止めた車の中で一晩過ごした。
体育館では、非常食の乾燥米や缶詰のパン、ペットボトルの水、災害用の薄い毛布が
配布された。
d0143705_012553.jpg


翌朝、家に戻りテレビを見て、大きな津波被害があったことを知り、その惨状に驚愕した。
その日福島原発1号機が水素爆発した。
それからは、原発事故の心配ばかり・・・
福島市は60キロも離れているのだから安全だと思っていた。無知だった。
15日の2号機の爆発で福島市の放射線量は、20μSv/hを超えた事を知ったが
その数字が、どれだけ危険かなんて何にも知らなかった。
水を求めて外に何時間も並んで、スーパーに買出しの為に並んで、ガソリンを入れる為に
外にいた人も少なくない。

放射線の心配は、まだ続いている。 
放射線に振り回されている。

           ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ここ数日、震災の特番を見る為にテレビの前から離れられないでいた。
泣いても泣いても涙が出る。
年のせいばかりではないような気がする。
きっと心が傷ついているんだと思う。



あの日の事を忘れないようにこの本を買った。
d0143705_23511840.jpg

各ページの上の写真が震災直後のもの、下の写真は今年1月のもの。
d0143705_014622.jpg

d0143705_02276.jpg

d0143705_022865.jpg

悲しい写真がたくさんあるけれど、3枚目の写真のように笑顔も見えるとホッとする。
この本の最後の方には、震災で亡くなられた方15000余名の名前が掲載されている。
ziziの知人の家族3人も、大槌町の欄に3人並んで名前が掲載されていた。 

この一年は、あっという間だったように感じる。
この震災の事は絶対忘れない!
まだまだ終わっていない原発事故の事も忘れてはならない!

被災地の子供も、若者もみんな言います。
『将来は、ふるさとの復興の為に、働きたい。』
誰かが言っていた。
『東北の被災地から、すごい人が出てくると思う。』と。

私達は、この震災で多くの事を学んだ。
差し伸べられたたくさんの温かい支援に涙した事が何度もあった。
福島県民に向けられた一部の人たちの心無い言葉に心を痛めた事もあった。
この震災で学んだ事を無駄にはしたくない。

しかし、何かをきっかけに区切りをつけたいと何度も思った。
一年を機に、心の中の一区切りにしたい。
[PR]
by hana920m | 2012-03-11 23:44 | 東日本大震災 | Comments(0)

給湯器が壊れた。

我が家の石油給湯器がついに使えない状態になってしまった。

前々から気になっていたバスルームもついでにユニットバスにする事にした。
我が家は築30年、バスルームはタイル張りで浴槽はステンレス。
当時は、白いタイルと、床の小豆色の丸いタイルは結構気に入ってた。
30年も使い込んでいると、床のタイルは剥がれたり割れたり・・・
マットを敷いて隠していた。

震災では壁のタイルがあちこち割れておちてしまった。
何とか補修して急場をしのいでいたけれど、いよいよ限界。
d0143705_23422265.jpg

洗面所の気に入らなかったこのオレンジ色の床も張りなおして貰うつもり。
壊す前に記念に写真を撮ったら、写真だと以外にきれいに見えるわ。(笑)
洗面台は、予算がないのでこのままだけど、蛇口を取り替えてもらうように頼んである。
d0143705_23453366.jpg


今日から工事がはじまった。
一日中すごい騒音。
自分の家の工事だから我慢出来るけど、ご近所さんうるさくしてゴメンナサイ m(_ _)m
[PR]
by hana920m | 2012-03-05 23:25 | リフォーム | Comments(0)

3月の玄関飾り

玄関飾り、お雛様を片付けて春らしいピンクにしてみた。
梅、水仙のお細工物、昨年作った梅と鶯のタペ、イチゴも籠盛りにして・・・。
桜が咲くまでのつなぎ。
敷物もピンク系にした。
d0143705_2341321.jpg

昨年は、旧暦の桃の節句までお雛様を飾って置くつもりで3月3日が過ぎてもそのままにしていた。
ところが、3月11日のあの大地震で、飾ってあったお雛様は玄関に叩きつけられ、
吊り飾りは大きな揺れで絡まり、雪洞は、下に落ちた衝撃でふたつに割れてしまった。
あれから一年、お雛様をそのまま飾って置く気になれずに、さっさと撤収した。
[PR]
by hana920m | 2012-03-04 23:02 | Comments(0)