<   2009年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ヘキサゴンのゾウさん

キティさんからお借りした本からキリンさんとゾウさんを作ると宣言してから
もう何日経ってしまったのだろうか。
途中、10日間ほど製作を中止していた事もあって
完成までにずいぶんと時間が掛かってしまった。

張りのある着物地に、薄い接着芯まで貼り、扱いにくいこと然り。
ペパーライナー式で繫いだまではよかったけれど、そこからが問題だった。
さて、キルティングはどうしよう?
手でチクチクは無理だし・・・
ミシン?・・・どうすればいいやら

考えた挙句、裏布が着いたキルト芯をトップのヘキサゴンに
スプレーのリで付けるという手抜き手法。
手抜きのせいで、組み立てに苦労するハメになる。

もう後戻りは出来ないので続行、綿は叔母の家にあったクッション用の
パンヤを使用、クッション用パンヤ一つでは足りなかった。

何とか形になりました~!(^o^)/
キティさん、ありがとうございました~!
きりんさんは、年が明けてからになると思いますが、
今度は手抜きせずきっちり仕上げます。
d0143705_0057100.jpg


しかし、これは子供のおもちゃには出来ませんね。
高い所に飾って、見るだけよ~。
[PR]
by hana920m | 2009-11-30 23:55 | 針仕事 | Comments(0)

ホワイトツリー

娘宅で夜な夜な作ったヨーヨーを繫げて、ホワイトバージョンツリーが出来た。
ヨーヨーが出来ていたので、短時間で完成。
今年初めてのクリスマス作品になる。
d0143705_2332375.jpg

[PR]
by hana920m | 2009-11-25 23:21 | 針仕事 | Comments(0)

新しい家族

リビング新聞の広告欄に載っていたペットショップのオープンセール。
最終日、覗いて見るだけ~と。

今度飼う時も柴犬と決めていた。
いる、いる、可愛い柴君が~!
『抱いてみますか?』 これが手かも?

軽~い、フワフワ~、お目々クリクリで可愛い~!
しかも、誕生日が私と同じ!

これは、友人に聞いていた『出会い』に違いない。。
zi~ziを説得して連れて帰る事に。

何しろ、覗いて帰るだけのつもりだったので、
心の準備も受け入れ態勢も出来てなく、帰り道
別の大きなペットショップで
ケージや、トイレなど数点を求め我が家に帰り
無事家族の一員となった次第。
d0143705_23717.jpg

昨年15歳で亡くなったミック・・・
孫達からは、あちらのba~baと区別する為に今も
『ミックba~ba』『ミックzi~zi』と呼ばれてる。
・・・・そんなこんなで『2代目ミック』と決まり!

孫娘『私が名前付けたかったなぁー』
ba~ba『なんて名前にしたかったの?』
『うーんとね、毛の色がキャメル色だからキャメルとか~』
そうすると、私は『キャメルba~ba』? 似合わないな。。(笑)
d0143705_23144175.jpg

後ろの写真は、初代ミック。
[PR]
by hana920m | 2009-11-23 23:04 | 2代目柴犬ミック | Comments(0)

孫3人勢揃い

あっ君、帰りの車に乗って一緒に帰って来ました。
ついこの間までは、車が大好きで、チャイルドシートに乗って走ると
ジッと大人しくしていたあっ君、今回は大変な大暴れ。
パーキングに車を停まると、うそのように泣き止み、車に乗ると泣き出すの繰り返し。
困ったなぁ。。

人見知りをするあっ君も、孫娘と大ちゃんは別のようで
二人に興味津々の様子、二人に遊んで貰いました~。
d0143705_22102030.jpg

[PR]
by hana920m | 2009-11-22 22:19 | | Comments(0)

ウットデック完成

三角に空いている土地に、ウットデッキを作る予定。
一日目、基礎部分を手製のドンズキとやらで土を固めてコンクリートの踏み石を置く。
踏み石は、福島から車に積んで持って行った。
踏み石に角材をつけて、板を張る土台の木材を切って貼り付ける。
その上に床板を張る。
最後に一部に手すりをつけて完成。
3日で仕上げる予定が、2日も雨に降られて苦戦。
予定より一日延びてしまったけれど、
zi~ziこだわりのデザインのカーブライン、
本人は会心の作と満足のようだ。

意外に広いこのデッキ、来年にはここにプールを出して遊んだり、
ビールを飲んだり、時には食事も・・・と夢が膨らんでいるようだ。
良いスペースが出来きて良かったね。
d0143705_2143299.jpg
d0143705_21431164.jpg

[PR]
by hana920m | 2009-11-20 21:42 | その他 | Comments(0)

生後8ヶ月のあっ君

前回会った時には、顔を見るとニコッと笑顔を見せてくれたけれど、
8ヶ月を過ぎたあっ君は、人見知りが始まったようで、楽しみにしていた笑顔は
見られず久し振りのご対面は泣き顔。

それでも、数時間すると思い出したのか、シzi~zi、ba~baに慣れて来たのか
ニコニコと笑顔を見せてくれ、あっ君がニコッとする度に、「笑った~!」と大声で反応する
zi~ziとba~ba・・・単純です。(笑)
フェルト絵本も隠れている小さい魚などに、興味があるらしく反応してくれて、
お土産のラ・フランスも食べてくれたね。(^-^ ) ニコッ
離乳食も始まり、自己主張もするようになって来て、ママは大変です。
d0143705_21152458.jpg

今回の一番の目的は、zi~ziがあっ君の家にウットデッキを作る事。
今日ネットで注文していたウットデッキの材料が届いた。
20年は持つと言われているレットシダーと言う木材に、更に長く使えるようキシラデコールと言う
防腐剤を塗る作業を、パパとママが頑張りました。
[PR]
by hana920m | 2009-11-16 21:13 | | Comments(0)

横浜へ

インフルエンザ騒動から一週間、孫娘はすっかりよくなって、
大ちゃんも元気そのもの、感染の兆候は見られず。
病院では、熱が下がって2日したら外に出ても良いと言われたとか・・・。

予定していた横浜行きは、当日出発の数時間前まで迷っていた。
zi~ziは予定が詰まっているからどうしても予定通りに行きたいようだ。
私だけ何日か遅らせて、新幹線で行こうかと思ったけれど、途中人ごみの中行くのだったら
一緒に行っても同じかと・・・
エィッ! 行っちゃえ~、と車に乗ったのでした。

初めてのETCドライブ。
途中混雑する事もなくすんなりと娘宅へ着いた。
東北自動車道路は快適だけれど、首都高は何度走っても目が廻りそう。。
d0143705_23491741.jpg
d0143705_23492741.jpg

[PR]
by hana920m | 2009-11-15 22:56 | お出掛け | Comments(0)

新型インフルエンザ

今週初め、我が家のソファーに、二人仲良く横になってテレビを見ていた二人。
この後、孫娘が熱っぽい目をしていたので、念のため熱を測って見たら、37、6℃。

幼稚園は、インフルエンザの為に休園になって3日目だった。
夜になって熱が38℃を越えたのでママが病院に連れて行く。
熱の出始めは、検査をしてもインフルエンザかどうかは判らないようで、
翌日再度病院へ。
ここで、A型インフルエンザ(たぶん新型)と確定。
タミフルを処方されて、翌朝には平熱になる。

幼稚園では、35名が感染していたとか。
一週間休みになるらしい。
さて大ちゃん、あんなに一緒になって遊んで、ベタベタくっ付いていたのに
まだ感染の様子がない。
看病しているママ達には、ほとんどうつる事は無いらしい。

当の孫娘、元気一杯で持て余し気味のようだ。
時々ba~baの所にも遊びに来ているが、zi~ziもba~baもまだ何の気配も無い。
このまま終息して欲しい。。
d0143705_2244357.jpg

[PR]
by hana920m | 2009-11-14 22:51 | | Comments(0)

ヘキサゴンゾウさん

一枚一枚ヘキサゴンを繫いでいくと・・・
何だか楽しくなって来た~。
胴体部分が2枚も出来て、何だか完成したかのような気分。(笑)
d0143705_2394658.jpg

着物地ハギレの箱には、ピンクバージョンも作れる布がある。
少しサイズを小さくして並べたら良いと思うけれど。
いつかは・・・でも、ヘキサゴンは無いな。
d0143705_2365124.jpg

[PR]
by hana920m | 2009-11-13 22:53 | 針仕事 | Comments(0)

フェルト絵本

11月に入ったと思ったら、早いもので一週間が過ぎてしまった。
前の家に、孫一家が住む事になり、お引越しやら何やらで時間が過ぎるのが早い事。
毎朝、、孫達の『オハヨ~!』の声が聞こえるのはなんともうれしい事だ。

そんな中、来週会いに行くあっ君のお土産にと、フェルトの絵本を作ってみた。
大きい小さいの違いが判るのは、まだ先の事かも知れないけれど、
例によって自己満足のba~baである。(^-^ ) ニコッ
フェルト絵本17㎝×17㎝
d0143705_11452237.jpg

同時進行していたゾウさん縫いぐるみ。
和裁をしていた頃の10~20cmのハギレを使う絶好のチャンス。
縫いにくいのを承知でヘキサゴンにt挑戦。
着物地をペーパーライナーに縫い付けるのが一番大変な作業。
そこで、和裁をしていた頃使っていた道具登場。
この大きな文鎮のような物(重さ2、6㌔)は、
アイロンや鏝で布を折った時にすぐに折り目に乗せると、
重さと急に温度を下げるので、折り目がしっかりと付くのだ。
絹地は、アイロンを掛けてもすぐにふぁっと元に戻ってしまうのだけれど
これでしっかり折り目を付ける事が出来る。
d0143705_125693.jpg

絹地はさすがに縫いにくく、かがるのも綿地を縫う倍の力が必要。
やっと三分の一出来た所、もう一頑張り。
キリンは、絶対ミシンでする~~。。
d0143705_1265530.jpg

[PR]
by hana920m | 2009-11-08 11:37 | 針仕事 | Comments(0)