あれから6年 思いつくままに・・・

朝起きて外を見ると屋根にうっすらと雪が積もっていた。
6年前のあの日も寒い日で夕方には雪が飛んでいた。
テレビを付けると、震災関連の番組、カタカナのフクシマの文字が目の入る。
特別な目で見られているようで、カタカナのフクシマは嫌いです!
テレビ画面の下に福島県の方のツイートと思われるフクシマに関しての苦言が書かれていた。 同感!

あの日、経験した事のない揺れに襲われ、近くの小学校の体育館に一晩だけ避難した。
翌朝家に帰って、テレビを付けたとたん目に飛び込んで来たのは、信じられないような大津波の映像だった。
まもなく起きた原発事故。
福島県民は、とてつもない苦労を強いられた。

あれから6年、今の私の生活は、何も心配する事もなく食べ物も水も空気も安心して暮らしている。
ただ、福島の人は地域、年齢、考え方によって一くくりには出来ない現状があるけれど、大方の人は普通に暮らしていると思う。
しかし、まだまだ解決出来ない課題もたくさん抱えている人がいるのも現実だ。

世界を震撼させた原発事故を風化させてはならないと思う一方、忘れたいそっとして欲しいと思う自分もいる。
あれから6年、心配だった農産物なども検査をして安全だという事が知られるようになり、8割の人が福島産抵抗無くを受け入れてくれているとか。
でも、残りの2割の人たちは、福島は震災当時の状況だと思っているのか、拒否するようだ。
判ろうとしない人達に福島産を食べなくても結構,そっとしておいて下さい!
でも、子供へのいじめや差別、偏見はしないで欲しい!
そういうことが報道される度に心が痛みます。
かわいそう過ぎます。
福島県民は、被害者なのです。
子供を守ろうとして避難しているのですから。


先月、お茶席に飾った枝を一枝頂いて花瓶に入れておいたら花開いて来た。
庭の椿を一輪入れたら、あら素敵!
d0143705_0313938.jpg

玄関ミニギャラリーは、まだお雛様。
d0143705_0422965.jpg

[PR]
by hana920m | 2017-03-11 23:43 | 東日本大震災 | Comments(2)
Commented by kikutukuri at 2017-03-12 22:54
子供へのいじめや、謂れなき偏見・・・悲しいのを通り越して怒りになります。
本当の意味での復興が望まれますね。
いじめのニュースを見たとき、泣けてきました。
でも彼は、痛みに耐えて立派に成長していくと思います。
日本中の心ある大人が見守っていかなくいてはね。
天災は怖いです。でももっと怖いのは、人の心です。
3.11を風化させないように、人の心の在り方を考えていきたいですね。
Commented by hana920m at 2017-03-13 22:51
★菊ちゃんへ
こんばんは~!
こどものいじめは、本当に切ないです。
子供達には何の責任も罪も無いのにね~。
避難している子供達が、こういういじめを受けている事は、県内では避難してまもなくの頃からあることは報道されていました。
耐えられなくて避難先から戻って来たという話もずいぶん聞きました。
もちろん避難先の皆さんに助けられて幸せに暮らしている方も大勢いらっしゃいますよ。
ありがたい事だといつも思っています。

辛く苦しい経験は、きっと子供達を成長させてくれるよね。
ありがとう! 菊ちゃん!
いつも福島に寄り添ってくれていると感じてます。


<< お細工物  春の一本飾り 梅袋 >>