お細工物 その後

さて、鶏のその後。
小さくベージュの羽は、江戸ちりめんの貴重な物でサイズいろいろで約100枚。
やや大きめの羽は、布もいろいろ柄もいろいろで約60枚。
尾の羽は3種類の布で11枚、中にアルミのワイヤーを入れた。
このパーツを仕上げるのに、一週間集中して縫い上げた。

各パーツを先生の指導でつけたら・・・
d0143705_1259590.jpg

脚は、18番のワイヤーに布を巻いて、太い所には園芸用のワイヤーをプラスした。
出来たのを見ると、布と判っていてもリアルで怖い。(笑)
[PR]
by hana920m | 2016-10-09 13:06 | 針仕事 | Comments(2)
Commented by kikutukuri at 2016-10-10 22:23
凄い~!!
ド迫力ですね!ヽ(^o^)丿
今にも鳴き出しそうです!
吊るしびなのほっこりした雰囲気とは違って、感動です。
針と布で、こんなことも出来るのね。(パチパチ)
近くだったら、作品展、見に行きたかった~!!

パソコンが突然、真っ暗になって、3週間ほど、入院していました。
今日、やっと治って来ました。
Commented by hana920m at 2016-10-11 22:58
★菊ちゃんへ
迫力ありますか? 90パーセントは先生の力です。 (;^_^ A フキフキ

鶏が苦手な人が見て、『これはダメだわ』と言って逃げて行ったそうです。
孫娘には、もっと可愛い方がよかったと言われました。(笑)
まぁ、これは展示会用ですからね。

ほんとにちかくだったらね~。
教室の皆さんの作品も素晴らしかったんですよ。

パソコン、大変でしたね~。
私も心配な症状が出てますが、同対処していいか判らない・・・。
<< 展示会の様子 お細工物 仕上げ >>