浴衣から甚平に

昨年、安い浴衣を購入した。
それを解いて、孫娘のパジャマ用甚平を作った。
以前、娘の浴衣を解いて作ってあげた甚平をとても気に入って着てくれたようなので、気をよくしたbabaは、又作ってあげようと思ったわけで・・・(笑)
ミシンの糸調子が悪く、ミシンを掛けるのがストレスだったけれど、何とか完成。
d0143705_10271045.jpg


縫製中、ミシンの押さえホルダーが壊れてネットで購入。
そしたら間も無く今度は、縁かがり用のアタッチメントが壊れた。
あぁ~、ついてない。。
再度ネットで購入、ついでに直線用とファスナー付けようのアタッチメントも取り寄せた。
直線用のアタッチメントをつけると、しっかり縫う事が出来てここの所のミシンストレスが解消された。

 
後日、〇―カドウに行ったら、これと同じような既製品の甚平が¥2000で売られていた。( ̄□ ̄;)ガーン
ミシンと格闘したあげく、部品を取り寄せて、その上仕上がりはイマイチ。
既製品の方がずっと手軽でお得。 手作りはbabaの自己満足のみ。
[PR]
by hana920m | 2015-07-09 11:24 | 針仕事 | Comments(2)
Commented by kikutukuri at 2015-07-19 22:37
ミシンの調子が悪いと、イライラしてやる気も萎えてしまいますね。
私も、昨年お釜がガタガタ音がして、ミシン屋さんへ持って行きましたよ。
部品の一部が割れていたそうで、全て点検してくれて一万円取れました。
その時は、高!と思ったけど、断然使いやすくなりました。
Commented by hana920m at 2015-07-20 11:27
修理代1万円かぁ。
私も釜が壊れているかも知れないと思ったんだけど、どうも押さえ金具がしっかり抑えてないような気がして・・・
直線用の押さえにしたら金具にしたら、いい感じに縫えるようになって、ミシンキルトをしているネッ友さんのアドバイスも取り入れたらストレス解消しました。

後で気づいたのですが、今まで押さえ金具にすべりやすいテープを貼っていたのもひとつの原因だったみたいです。
今更だけど、ミシンってデリケートなんだね~。
<< 12歳のバースデー SLに手を振ろう >>