クルマ百合のタペストリー

四季のタペストリー3作目は、百合の花の造花。
一作目は春の椿、二作目は夏の紫陽花、次は秋の花・・・と思ったら百合の花だった。
ちょっとがっかり。。

葉の付け方が丸く付けてあるのが変だったから、ネットで調べてみたら
クルマ百合の葉ってこういう風に丸く付いていた。
へぇ~そうなんだ~、知らなかった。
このタペストリーもレシピも無く型紙も無く、メモも執っていないのでので、たぶん2度と作れない。

教室での完成、土台布は前回の紫陽花のタペと同じ黒いタタミ縁布。
サイズ8cm×65cm
d0143705_2229680.jpg

アップするとこんな感じ。
ヒメジオンの作り方も面白い。
d0143705_22293391.jpg

サイズが小さいので、母の半幅帯に貼り付けて、少し華やかにしてみた。
d0143705_2237468.jpg

次回は、11月、12月でお正月用のタペストリーの予定だとか・・・
[PR]
by hana920m | 2014-10-04 22:42 | 針仕事 | Comments(2)
Commented by kikutukuri at 2014-10-08 23:12
ご無沙汰していました。
少しずつ、復帰しますので、よろしくお付き合いくださいね。

花さんのブログには、ほぼ毎日お邪魔していました。
季節に合わせた手作りが素敵ですね。
このユリの花も作ったのですか?
下の萩の額のほうが、私は好きです。
少し仕事も余裕が出来てきたので、何か手作りしたいなと思っています。
Commented by 花咲かおばさん at 2014-10-09 23:47 x
菊ちゃん、しばらくです。
復帰お待ちしていましたよ~。
我ブログも細々と動いている状態ですが、ネッ友さんがネットお休みはやっぱり寂しいです。

百合の花、初めての造花作りでしたが、それなりに形になってうれしかったです。
はい、私も萩の額の方が好きです~。
本当は大きいサイズのを作りたかったのですが、季節はずれになりそうだったので、このサイズでぎりぎりセーフでした。

菊ちゃん、何か手作りしたらアップしてね~。


<< ランチと秋薔薇 萩の額 >>