端午の節句吊り飾り

昨年持ち越した端午の節句の吊り飾り。
昨年はここまででストップしていた。
d0143705_2345138.jpg

しかし、これがあることすっかり忘れていたが、三番そうと矢車、さるぼぼの3個だけは作ろうと思ってはいた。
落ち着いて座る時間が無かったので、新しく作ったのは↓の2つだけ。
矢車は、ボンドで貼っただけ。
三番そうは、封じ結びで仕上げ。
d0143705_2350575.jpg

出来上がりは・・・
三角があるのをすっかり忘れていて、3段飾りになってしまった。
でも、一つ一つが手の込んだお細工物で、結構豪華になっていると思う。
やり直すとなると・・・下げた紐がぎりぎりだったし、付けるのも大変だった。
そういう訳で、玄関先も華やかになった事だし・・・まっ、いいかぁ。。

※金物屋さんで、菊紋の飾り釘を見つけて、衣桁に付けたら、良い感じ~♪
  紋は、黒紋付から切り取って貼り紋に。
d0143705_23524580.jpg

[PR]
by hana920m | 2014-05-05 23:37 | 針仕事 | Comments(2)
Commented by ☆キティ at 2014-05-11 12:26 x
花さんが作ると格ガ上がるわ~
すごい素敵~こうなってくると柏餅私も縮緬か和布で作ればよかったわ~一列でも二列でも素敵ですよね~(^^)v
Commented by hana920m at 2014-05-11 21:35
キティさんは、吊り飾りもたくさん作られているよね。
私は、きっとこれが最初で最後だと思います。
来年、気が向けば少し増えるかも・・・(笑)

そう、一列でも素敵だと思いますよ~。
柏餅、和布で作ってみて下さい。
キティさんなら1~2時間でしょう。
<< 家一軒丸ごと大掃除 2014年 お花見ドライブ >>