お雛様タペストリー その2

雑貨屋さんに飾ってあったお雛様タペストリーを見て、いつか挑戦してみたいと思ってから何年経っただろう?
その時憧れたお雛様タペストリーがやっと出来た。

土台布は、気に入った物が無くて、叔父の男物羽織を一枚解いた。
その他、ほんの少しのハギレしか使わないのだけれど、手持ちの布から探し出すのは結構大変な作業。
数枚づつピックアップしてより良い組み合わせをしたつもり (*^^*ゞ ポリポリ。
両端に抱きくくり猿と桃の花を下げた。
いろいろ反省点はあるけれど、お気に入りタペが又ひとつ増えた。(自己満足)

幅21cm×長さ100cm
d0143705_2261516.jpg
d0143705_2284442.jpg

もう一枚、今月中に仕上げる予定だったけれど・・・
絹地を使った細かい針仕事に疲れてしまった。。。
そういう訳でこれでお終いにする。 (;^_^ A フキフキ
[PR]
by hana920m | 2014-02-25 23:14 | 針仕事 | Comments(2)
Commented by kamome at 2014-02-27 14:37 x
はなさん
パチパチパチ~ 素晴らしいです!!
デザインを決めて 色合わせ 柄合わせまでして
完成させるのですから さすが花さんですね
やっぱり柔らかい絹で作るのはやりにくいですか~~
私は出来上がる頃にやっと手に馴染んできましたが
手こずりました

↓の飯舘村の炊き出しはこちらでも放映されました
本当に頭が下がりますね~
Commented by 花咲かおばさん at 2014-02-27 23:45 x
kamomeさん、お褒めの言葉 ありがとうございます。
お手本がぼやけた写真だけだったので、ちゃんとしたサイズもわからずに作ったので、お手本とは違っていると思いますが、まぁ雰囲気だけはこんな感じでした。
図案も適当です。

古布やちりめん等柔らかい絹は扱いやすいのですが、現代の着物地は地が厚いので思うようにいう事を聞いてくれません。
これくらいで音を上げていては、kamomeさんのような吊り飾りは出来ませんね。
今日、市内で開催されている『吊りひな祭り』を見て来たのですが、たっぷり刺激を貰って、いつかはこんな吊り飾りを・・・と思って帰って来ました。
とりあえずこの気持ちを温めて、いつかkamomeさんのような吊り飾りに挑戦してみたいです。
長生きしなくては・・・です~。(笑)

↓飯舘の恩返しのおにぎり、そちらでも放送されたのですか~。

今日もあの仮設住宅の近くの国道を走って来たのですが、渋滞していた上り線は仮設の反対側なので、あの大雪の中除雪してない歩道の反対側に来るまでが、どれほど大変だったかがよく分かるので、余計に感心してしまいました。

自然ににこういう事が出来てしまう飯舘の皆さん、本当に素敵な方々です。


<< 2014年 飯野つり雛まつり  長靴 >>