草木染め

裏磐梯高原で買った栗は、栗をたっぷり入れた栗ご飯で消化。
剝いた栗の皮を取っておいた。

何年か前、娘の訪問着を買った時、どういう訳か結城紬の白生地が当たったのだった。
いつか、この白生地を染めてみたいと思って本を買った。
白生地も、重宝してパッチワークにずいぶん使ってしまい、残り少なくなっている。

急に思いついて、そうだ、この栗の皮で染めてみよう!
栗の皮を40分ぐつぐつと煮出して染め液を作り、布を入れて弱火で15分煮る。
媒染液は、焼きミョウバン。
d0143705_131477.jpg

仕上がりは、こうなった。↓
自然な色です。
まだらな染め上がりは、味と言う事で。(*^^*ゞ ポリポリ
さてこの布はいつ出番があるのかな。
そのうちにきっと・・・
d0143705_13161156.jpg

[PR]
by hana920m | 2012-09-27 11:54 | 針仕事 | Comments(0)
<< ポケットティッシュカバーと巾着袋 オカメヅタの挿し芽 >>