数珠入れ

義母の形見の丸帯で数珠入れを作った。
ひとつは、マグネットボタンを付けて、残りふたつは
デパートの『京都展』で買って置いた『こはぜ』を使う。

飾り無しでは寂しいので上蓋に、残っていた打ち紐で『あげまき結び』を結んで付けてみた。
化繊の物なら長さも充分ある物もあるけれど、結び目が弛んでしまうから、
なけなしの正絹の打ち紐で結ぶ。
こういうのは出番が少ない方が良いのだけれど、ここ数年最近使う頻度が高い。
d0143705_20422471.jpg

いるかどうか?だけれど、一応娘二人と自分用。
[PR]
by hana920m | 2012-06-20 20:32 | 針仕事 | Comments(0)
<< ネッ友さんとランチデート 大堀相馬焼き >>