スタジオキルトのマンスリーキルトタペストリー

震災があってから、なかなか針を持つ気分になれないでいた頃、
パッチワーク通信社で『コンフォートキルト』を募集していることを知った。
サイズは、1メートル以上の物で、新しい物という事だった。
このマンスリーのキルト、ぎりぎり1メートル以上だ。
トップが出来ていたので、もしかしたら役に立つかも知れないから、がんばって見ようと思った。

まぁまぁ順調に進んでいた。
キルトラインを引く時、いつもアイロンで消えるペンを使っているが、
そのいつもの消えるペンだと思って、なんと油性のマジックでキルトラインを書いてしまった。
アチャーーーー!!! ガックリ!!!
d0143705_22244175.jpg

余り布で、いろいろ消す方法を試してみたけれど、どれも効き目が無い。
仕方が無いからそのまま続行。
あと少しキルトラインが残っているのだけれど、ほぼ完成。
しかし、こんなケチがついたキルトは失格だな。
それにサイトで見るコンフォートキルトは、明るく元気が出るようなカラーが多く
保育園とか、老人施設で使う実用的な物が良いらしい。
d0143705_22151416.jpg

[PR]
by hana920m | 2011-05-16 21:47 | 針仕事 | Comments(0)
<< ランチ 飯館村の避難はじまる >>